Algorave x NxPC.Lab at Tokyo (IAMAS) に出演しました。

11月18日念願のAlgoraveに出演しました!!

今回はPython → M4L → Ableton Liveという流れでPythonでLiveCodingできる環境を自作しました。

かなり土壇場で環境から作ったので結構焦りましたが、このシステムの利点である音作りにGUIを使って簡略化できるというところが活きたのかとりあえず無事終えることができました。

クロック機能をコードエディターが持たないというTidal CyclesともFoxDotとも違うタイプの環境にっているので、もう少し汎用性高いシステムにして公開しようと思っています。

横浜スマートイルミネーション2018に出展しました。

横浜の象の鼻パークにて開催されたスマートイルミネーション2018というイベントにて友人と三人でスケートボードを使った作品を展示させていただきました。

アート展示部門とアワード部門の二部門あり、アワード部門での参加しました。

もともとはスケートボードの走りとLEDを同期させるという旨の作品でした。しかし、公園内がスケボー禁止ということで画像のような形での展示となり、かなりひやひやしました。。。

なんとか無事展示は終わり審査員賞までいただきました!!

ご来場いただいた皆さん、一緒に作ってくれた二人、本当にありがとうございました。

LiveCodingしてみました。

FoxDotというライブコーディング環境を使っています。

公式ではサウンドエンジンはSuperColliderを使っていますが、

今回はJuceで作ったVSTiプラグインをMax7で配置して使っています。

概観は下の画像の感じです。

 

FoxDotから受け取ったOSCをjsオブジェクトで各VSTiへのmidiとパラメーターにそれぞれ分けています。

また細かい解説などQiitaとかに上げたいなあと思ってます。

多分上げます。