Rhythmic Energy-Sharing

2019年3月、1-10, Inc.

担当:インタラクティブハードウェア設計、ソフトウェア開発

使用環境:Unity、Kinect、OpenCV

Metoa Ginza内での期間展示Energy-Sharing Cityにて展示された体験型コンテンツ。

町を構成する要素を象ったオブジェクトを映像が投影されたテーブルに配置することで、それぞれがエネルギーをシェアしていく様子を映像と音楽によって表現する。

オブジェクトとそれを配置するテーブルのインタラクションの設計とソフトウェアの開発を行った。

https://metoa.jp/event/energy-sharing-city/

https://metoa.jp/event/energy-sharing-city/report.html

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です